ディベートとは?

ディベートの定義
テーマにそって賛成(肯定側)と反対(否定側)に分かれ、
第3者であるジャッジを説得するゲームです。

Q1 ディベートってただの言い合いなのでは?

実は違うんですよ。

ディベートには実はルールがあって、そのルールにのっとって交互に意見を交換しあうキャッチボールのようなものなんです。

そして最終的にどちらの方が説得力があったのかを、対戦相手以外である第3者が決めます。

ディベートの風景
その為、結論が出ないまま終わることはなく、スポーツのようにしっかりと勝敗が決まるんです。

スポーツのような知的ゲームだと捉えると分かりやすいかもしれませんね。

Q2 どういうテーマで試合をするのでしょうか?

ディベートって、やろうと思えばどんなテーマでも出来るんですよ。

ただ、社会人ディベートCafe☆では実際の企業を題材として扱い、よりビジネスの現場に近いテーマを選ぶようにしています。

※テーマも全てオリジナルです。

社会人の大学

例)●●というカフェは喫煙席を設けるべきか

ディベートのルール・進め方

登場人物:ディベートには以下の3者がいます。

ディベートのパート
・肯定側の選手(2~3名)
・否定側の選手(2~3名)
・審判(1名)

選手について

原則、肯定側になるか、否定側になるかは、ランダムに決められます。
その為、自分の本当の意見は肯定なのに、否定側の立場になる可能性もあるんです。
それだけに自分とは逆の立場や視点から物事を見る機会にもつながります。

審判について

ディベートにおける審判の役割は、試合の判定と講評です。
審判は必ず試合後に肯定側と否定側のどちらの方が説得力があったかについて、投票(判定)をしなければなりません。
講評とは、判定をつけたポイントを解説していくこと。
つまり、審判は判定をするだけではなく、試合の流れをすべて説明していく必要があるため、経験者が行なった方が良いとされています。

ディベートの流れ

ディベートは4つのパートに分かれています。

  • 立論・・・自分たちの意見を主張するパート
  • 質疑・・・相手の主張に対して質問や確認をするパート(反対意見を述べるパートではありません)
  • 反論・・・相手の主張に対して反対意見を述べるパート
  • 終論・・・これまでの議論をまとめて最終的な意見を述べるパート

以上の4つのパートを肯定側・否定側が交互に行なっていきます。

その為、ただの言い合いになることはなく、決められた時間を使って意見を交換しあうことになるのです。
そして、お互いに終論のパートが終わった後に、審判による判定と講評が行なわれます。


『ディベートは難しいイメージがある』と思っているあなたに…。

その通りかもしれません!実際に誰もがはじめはこう言うんです。

なぜなら、その通りだからです。ディベートは決して簡単ではありません。

人によっては、『ディベート道』とかいって、ディベートは3年続けてやっと一人前になれる!という人がいます。

ウソのようで本当の話です。

しかし、社会人ディベートCafe☆では、難しいディベートは一切やりません。専門用語を専門用語で説明するような本末転倒ですからね。

学校や会社、プライベートで私たちが人とコミュニケーションをとるときに使っている言葉をそのまま選んでいます。

下手な指導を延々と繰り返すよりも、ポイントだけ簡単にお伝えして試合をした方がスキルは遥かに伸びます。

さらに、社会人ディベートCafe☆では、経験者に向けて2ndシーズンというプログラムを組んでおります。ここでは論理やプレゼンの基本的な方を学びます。本格的に学んでもらってから、試合をする感じですかね。

最後には3rdシーズンというイベントがあり、3rdからは、ジャッジも経験してもらいます。

ジャッジはなるべく早く経験した方が、的確に物事を判断するスキルが高まりますからね。

私たちも、初心者・未経験者向けのイベントでは、ジャッジを主にしていて「なんでそんなに早く試合の判定ができるんですか?」とよく驚かれます。

しかし、ここにもちょっとしたテクニックがあります。

はい、何がいいたいかというと、社会人ディベートCafe☆では、私たちがこれまでに学んできたプレゼンテーション・コミュニケーションの技術を全て出し惜しみなくあなたに教えることをお約束します。

是非ともともに楽ししく学びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る