geralt / Pixabay

屋号について調べてみたら、会社名にあたるものです。

こちらの記事から参考にしました。

屋号とは会社でいう、会社名にあたるものです。
個人事業の場合、名称や店舗の名前として使用されます。
例えば、銀行口座、名刺、領収書、契約書、お店の看板などです。

プライベートとは別に仕事用の銀行口座があれば、お金の流れが明確になり、確定申告の時など大変便利です。
領収書も宛名を屋号にしてもらうことで、管理がしやすくなります。
また名刺に屋号を記載するだけで、相手に事業内容をわかりやすく印象づけるという利点もあります。

開業の基礎知識-Freee

凄く参考になりますね。

 

 

 

 

Follow me!